株式会社リーディ

CONTACTお問合せ
 

ゲーム開発リーダー

東 暢保

リーディを選んだ理由は?

ゲーム開発に興味はあったのですが、入社前までは業務システムなどの開発経験はあるものの、ゲーム開発の経験はありませんでした。他の会社からもゲーム開発の話をもらっていましたが、当時、リーディの社長と偶然同じ仕事をしていたこともあり、たまたまその話をしたところ、すぐに自分がやりたいと思える仕事を用意してくれて、任せてもらえることになりました。

リーディってどんな会社?

良い意味でも悪い意味でも、若い会社です。これから社内インフラ、制度、働き方などを作っていかなければならないので、そういう部分を楽しめる方にはとても良い環境だと思います。その分、一人一人の役割も大きく、刺激の多い生活が送れると思いますよ。

ゲーム開発の仕事について教えて。

ゲーム開発はとにかく、スピードが早いです。世間の流行り廃りも早いですし、技術の発展や流行り廃りもめちゃくちゃ早いです。ですので、最新情報のインプット・アウトプットがとても重要になってきます。

スマートフォンゲームがこんなに流行ったのも、一見ゲームと関係のないスマートフォンの普及率に目を付けた人が、ゲームと結びつけ、行動に起こしたからです。Unityがこんなに流行ったのも、マルチプラットフォーム開発に早期に対応してきたからでしょう。一見関係のないような分野も含め、常にいろんな方向にアンテナを向け、いろんな体験をしてみたい人におすすめしたい職業です。

また他の、いわゆるIT系の仕事に比べ、仕様がゆるいことが多いです。ですので、各担当者のセンスや技術力が強く表に出ます。そういう意味でも、楽しく、やりがいのある仕事だと、僕は思っています。

これからの目標は?

まずはやはり、自社開発でしょうか。コンシューマーゲームにしろ、スマートフォンゲームにしろ、自社開発のハードルは、ここ最近、格段に下がりました。ですので、これから必要になってくるスキルは、汚い話ですが「いかにお金を儲けるか」です。結局、ビジネスを成立させなければ意味がないので、先ほどの話にもあったように、常に流行に目を光らせつつ、自分の面白いと思うコンテンツを発信できたらなぁと思っています。

その頃には僕は技術者ではなく、プロデューサーとして、仕様のプロット出しや、声優さんのキャスティング、音声収録、声優さんをゲストに招いてのWebラジオ配信、声優さんと打ち上げとかできると楽s...っと話がズレてしまいましたね。

就活中の人へメッセージ

なかなか内定が取れず、大変な思いをされている方もいるかも知れませんが、決して内定をゴールとせず、その向こうも見据えて、末長くゲームと付き合っていけるよう頑張って下さい!

戻る